診断書をもらうには?

交通事故むち打ち治療/診断書

 

交通事故を起こしたらまずすぐに病院への受診をして下さい。救急でも大丈夫です。

そこでしっかり体の治療やレントゲン、MRIなどの精密検査をして下さい。

体の違和感や痛みがあるときはいいのですが、事故を起こして当日や翌日は体の症状に感じにくいところがあります。

もし事故を起こして整骨院で検査や体の状態を確認してからでも病院の受診は可能です。

そこで検査をしてもらったら必ず病院でお医者様に診断書を書いてもらって下さい。

外傷が見当たらない場合や軽傷の場合でも必ず検査をしてください。

後日重大な症状が現れた際に、交通事故による症状と証明することができなくなる可能性があります。

診断書がないと自賠責保険の治療ができません。

人身事故の場合は、警察に提出する診断書以外にも、自賠責保険の請求に必要な診断書を病院で書いてもらいます。

警察に出すものは病院に備え付けの診断書の様式で 構いませんが、自賠責保険請求用の診断書は書式が決まっており、病院に備え付けていない場合が多いです。

加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険会社の人が 自賠責保険請求の手続きを『一括払い』という形で代行してくれるケースがほとんどです。

自分で自賠責保険を請求する場合は診断書の書式を病院に持って行ったりする必要もあります。

交通事故が起こってから必ず2週間以内に病院(整形外科)への受診をします。

2週間以降になってしまうと、仕事や生活での怪我と判断されて、病院の医師も事故との関連性がないと判断されてしまうことがあります。

警察も証明がしにくくなります。

那覇市スマイル鍼灸整骨院グループでの交通事故、むち打ち治療を始めるときは、病院での診断書が必要になります。

もし手続きが分からないときなどは一度ご相談してください。

診断書をもとに治療を進めていきます。運動療法、手技療法、温熱療法、テーピング療法、など様々な症状に合わせて治療をしていきます。

首里店ネット予約
首里店ネット予約

那覇新都心店ネット予約
那覇新都心店ネット予約